アミノ酸シャンプーのデメリット!デメリットは逆のメリット?!



アミノ酸シャンプーのメリットやおすすめする人などをご紹介しましたが、デメリットはあるのでしょうか?

今回は、アミノ酸シャンプーのデメリットをご紹介します。


◆優しい洗いあがりなのでスッキリしない

高級アルコール系は界面活性剤の成分が強いので、頭皮の皮脂汚れをしっかりと落とします。

この「しっかりと落とす」感覚に慣れた状態でアミノ酸シャンプーを使うとスッキリした感じにならないという声が上がります。


理由としてアミノ酸シャンプーは乾燥から守るため、洗浄力は優しいタイプだからです。

ですが汚れが残るということはなく、落とすものは落とし、頭皮や髪の乾燥はしっかりと守ります。


◆整髪料が落ちにくい

洗浄力が優しいので、ハードなワックスやジェルの場合2回シャンプーする必要があります。


エムエーのシャンプーは美容室専売商品なので、2回シャンプーを推奨しています。

まずは、予洗いで軽くシャンプーをして汚れを流します。

2回目にマッサージしながらシャンプーをして皮脂汚れも落とします。


正しい洗い方で十分落ちるエムエーのシャンプーは整髪料が落ちにくいことはなく、きちんと落とし、乾燥からはしっかり守ります。


◆シャンプーの値段が高い

アミノ酸シャンプーの原価が高いのでよくある高級アルコール系、石鹼系に比べると販売価格がどうしても高くなります。


美容室に売られているシャンプーは原材料を質の良いものにこだわり、プロが監督した商品のため市販に売られているシャンプーよりも値段が高くなるのです。


デメリットでもある値段の問題ですが、値段が高くなる分「個々の悩みをサポートするシャンプー」なので良いシャンプーを使いたいのであれば質にこだわり、髪のプロがきちんと手掛けている商品を使いたいですよね。


アミノ酸シャンプーのデメリットもよく調べてみるとメリットに!

今回、アミノ酸シャンプーのデメリットを3つご紹介しました。


爽快感、洗浄力、価格の問題も頭皮や髪のケアを長い目で考えるとより良い商品でダメージを抑えつつ健康な頭皮と髪を守るならアミノ酸シャンプーのメリットは大きいですね。