スキンケアだけじゃない!馬油を使った美容法まとめ

1つで導入剤・保湿・パック・角質ケアなどスキンケア一般に役立つ馬油ですが、



用途はスキンケアだけに

とどまりません。


馬油で目指す美肌 

スキンケアへの使い方




この記事では、馬油を使用した美容法についてご紹介します。



■美髪ケアに

馬油をヘアケアに応用した美容法で、健康で美しい艶髪が手に入れてみませんか?

◇ヘアケア1:馬油で頭皮パック

シャンプー前に馬油を頭皮に揉みこみ馴染ませるように、マッサージを行います。

馬油の血行促進作用により健康な髪の発育に役立ち、また不要な皮脂や汚れを優しく浮かし取ってくれます。

さらに、保湿成分が浸透することでシャンプーの刺激から頭皮を守り、フケや痒みになる乾燥予防にも。

時間がある際には、マッサージ後にタオルで頭を多い15~20分ほど放置すると、より保湿・浸透力がアップしますよ。





◇ヘアケア2:天然のヘアオイルとしてスタイリング剤に

タオルドライ後に少量を毛先になじませ、ドライヤーで乾かします。

ドライヤーの熱で髪が痛むのを防いでくれますし、髪の毛となじみがよく、毛先を綺麗にまとめるのでドライヤー後の手触りが格段に良くなります。


■ハンドクリームとして使用して爪や手のケアに

ハンドクリームとして馬油をご活用ください。

馬油であれば匂いもなく、口に入っても問題ないため、料理の前後にも使えます。

同時に指先を軽くマッサージするように塗り込んで、爪の保護や潤い補給、ささくれなどのケアにもお役立ていただけます。


■唇ケアに

乾燥で皮むけをしてしまったリップには、馬油が最適です。



唇をホットタオルなどで柔らかくしてから馬油を塗り、ラップなどで覆い5~10分ほど放置するだけでお手軽なリップパックに。

口紅によっては唇が荒れてしまう方は、馬油を下地として塗ってみるのもおすすめです。


■かかと・肘のケアに

全身の中でも乾燥しやすいかかとやひじ。


気が付いたらガサガサになってはいませんか?

そんな時にも馬油です。



お風呂上りに乾燥の気になるかかとや肘に馬油をたっぷりと塗り、ラップを巻いてパックをしてみてください。

馬油は人間の皮脂と似た補油成分なので、高い保湿効果を持ちながらお肌に浸透してふっくらとしたみずみずしいお肌に導いてくれます。