ノンシリコンシャンプーってなに?



「ノンシリコンシャンプーという言葉を耳にするけれど、どんなものだろう? 」

「シリコンが入っていないと髪にいいのかな? 」

なんとなくよさそうと思っていても実際にどんなものかわからないと疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


ドラッグストアに並ぶシャンプーのほとんどはシリコンという成分が入っています。これは髪の表面をコーティングするために使用されています。髪がしっとりしなめらか、指通りがよく、ツヤが出るのはこのためです。


シリコン自体は身体に大きな影響を及ぼすものではありませんが、ブラッシングや予洗いが不足し、髪の汚れが残っていると、髪の表面のよごれも一緒にコーティングしたり、頭皮にすすぎ残しがあると毛穴詰まり、抜け毛の原因になることも。そのようなことから髪を守るために、シリコンを配合していないノンシリコンシャンプーが注目を集めているのです。


そこで今回はノンシリコンシャンプーが選ばれる3つの魅力をお伝えします。

ノンシリコンシャンプーを使って見たいと言う方はぜひ参考にしてみてください。


魅力1:髪と頭皮を本来の状態に導く

シリコンは髪をコーティングし、しっとりさやなめらかさを加えるもの。洗い残しがあると、汚れをどんどん蓄積し、かゆみ、ふけ、皮脂のつまりなどの原因につながります。


対して、ノンシリコンシャンプーはコーティング剤が入っていないため、髪を本来のすっぴん状態に導きます。髪がきしんでビックリされたこともあるでしょうがそれが髪本来の姿なのです。コーティング剤で毛穴を防いだり、汚れを膜で包んだりしないため、頭皮環境はいつも清潔。健康な状態をキープすることが可能です。


魅力2:パーマやカラーがかかりやすく、長持ちする

シリコンシャンプーは髪の表面をコーティングする役割があるため、トリートメントの栄養分やパーマやカラーの薬剤が髪に浸透しにくいというデメリットが挙げられます。


ノンシリコンシャンプーは髪を一旦リセットし、ニュートラルな状態にします。そこへトリートメントをすると栄養分がしっかりと行き渡り、健康的な美髪に。さらにアウトバストリートメントとしてヘアオイルを使用すると髪にうるおいがチャージされます。オイルの浸透力も上がり少量でもなじみやすくなりますので、コスパもばっちりです。


魅力3:髪にボリュームとナチュラルなツヤが手に入る

ノンシリコンシャンプーにはしっとり感を演出するシリコンがはいっていないことから、洗い上がりが軽くなるというメリットがあります。


どんなシャンプーを使っても髪がぺちゃんとしてボリュームがなく、何をやっても重たいスタイルになってしまう。パーマをかけてもすぐに取れてしまうときはノンシリコンシャンプーを使ってみては?細くて毛量の少ない髪をふんわりボリュームアップさせて、思い通りのスタイリングを作ることができます。


パーマやカラーを思い通りに染めたい。髪にボリュームをだしてコシのある髪を育みたい。そんなあなたにピッタリのノンシリコンシャンプー。頭皮環境を整えて、毎日のスタイリングを楽しみましょう。