私にピッタリな馬油ってなんだろう?肌タイプ別おすすめの馬油


馬油っていろいろな種類がありますよね。スキンケア用品が人によって合う合わないがあるように、馬油にも合う合わないがあります。


今回はそれを肌タイプ別におすすめの

馬油を紹介していきます!









乾燥肌

お風呂上りや洗顔後すぐに乾燥しちゃう!肌がひりひり痛い!そんな乾燥肌の人にはしっかり保湿してくれるバームタイプの馬油がおすすめです。テクスチャーがしっかりしていて塗った場所にとどまってくれるため、肌が乾燥しないようにしっかり

守ってくれます。ここで重要なのが馬油だけを使用したスキンケアは危険だということです。馬油だけだと油分しか補えず、逆に肌の内側が乾燥してインナードライ肌になってしまいます。乾燥肌の人は特に、馬油を使うときは水分を補ってくれる化粧水などとセットで使ってあげることが大切なんです。





脂性肌

すぐテカってきちゃってメイクが崩れやすい!洗っても洗っても皮脂が出てくる!そんな脂性肌の人には馬油石けんがおすすめです。馬油石けんは馬油をベースにして作られていて、肌なじみがいいため肌に優しいです。洗うときに皮脂を取りすぎず、適度な油分を与えながら洗えます。脂性肌だからといって洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が余計に皮脂を分泌しようとしてもっともっと皮脂が出てきてしまいます。皮脂の分泌を抑えるためには皮脂を落としすぎないということが重要なんです。脂性肌で悩んでいるなら、馬油石けんで洗顔から見直してみましょう。




混合肌

この部分はテカリが気になるけどこの部分は乾燥する…。何を使えばいいのー!そんな混合肌の人には馬油石けんとクリープタイプの馬油の合わせ使いがおすすめです。適度に皮脂を落としてくれる馬油石けんで洗顔した後、バームほど重くないクリームタイプの馬油で乾燥が気になる部分を保湿してあげましょう。混合肌はワンパターンのスキンケアだと箇所ごとに合う合わないが顕著に出てきてしまいます。そのため箇所ごとに使い分けてあげることでそのお悩みが解決しますよ!





馬油の使い方も人それぞれ

自分に合う馬油がなにか分かりましたか?

自分の肌悩みと照らし合わせて馬油を上手く使っていけるといいですね!



最後におすすめの馬油を紹介します。


エムエー美容保湿クリームです。


このクリームの成分は馬油、ミツロウ、レモングラス油、の3つでとってもシンプル!天然素材で安心して使うことができます。たまによく分からない成分がたくさん入ってる商品ありますが、それに比べて成分がこれしかないので全く心配ナシです!


1週間続けて使ってみると、お肌がトゥルトゥルに!

私の肌は「皮脂は出るけどゴワつきやすくて乾燥しやすいインナードライ肌」ですが、エムエー美容保湿クリームによって適度な皮脂を与えてあげることで、過剰に皮脂が出ることもなく、しっかりと乾燥も防いでくれました。


クリームタイプの馬油を使うなら、是非エムエー美容保湿クリームを使ってみてくださいね!