腰回りの疲れを軽減・テレワークがサクサクはかどる便利グッズ3選



テレワークを始めたら、腰がツライという声が挙がるようになりました。しかし、今後もテレワークを続ける企業は多いと思います。そこで今回は腰のズキズキの原因と座り方のポイント、テレワークのおすすめグッズを紹介したいと思います。


腰がつらくなる原因のひとつは自宅のテレワーク環境が整っていないことです。オフィスで使用される椅子は長時間デスクワークをするために作られており、自分の足の長さに合わせて椅子の高さを調節したり、椅子の奥行きを変えたり、疲れないように設計されています。


一方で、自宅のテレワーク環境と言うと、ダイニングテーブルのチェア、ローテーブルで床に直接座りながら、中にはベッドにパソコンを置いて作業をしている人など、仕事ができる環境とは言いがたい状況です。しかし、ちょっと気をつけるだけで腰のツラさから解放されることができます。


こんな座り方していませんか?

疲れてくるとやってしまうのが、背もたれにズドーンともたれかかり、お尻が前に出ている座り方。この座り方をすると本来力がかかるべき所(坐骨)以外に身体の重みが集中し、腰への負担が増加します。


ローテーブルにパソコンを置き、床に座った状態で作業とすると自然と前のめりになり、猫背になってしまうことから、腰だけでなく肩や首の疲れにつながります。疲れてくるとやりがちなのが、横座りです。足を崩してラクに感じますが、知らず知らずの内に背骨をゆがませていく座り方のため、こちらもおすすめできません。


座り方のポイント

腰に負担をかけないためには姿勢をよくすることが大切です。骨盤と椅子が垂直になるように意識し、背もたれにもたれないように浅めに座るようにしましょう。垂直になるのが難しい場合はお尻の下にたたんだタオルを敷いて高さを調節するとよいでしょう。身体が伸ばしやすく、自然な姿勢を保ちやすくなります。