迷ったときは馬油におまかせ、知っておきたい夏のスキンケア。


もうすぐ、夏本番!

エムエー保湿クリームの準備はできていますか?


保湿クリームって、冬の乾燥の時期のものじゃないの?

べたつく夏に保湿?

信じられない。


そんなイメージは今日でおしまい。夏こそ、エムエー保湿クリームの出番です。


夏の肌にも保湿は必要?その理由とは?


夏は汗をかいて肌がべたつき、しっかり保湿されているように思いますが、冬と同じように、いやそれ以上に保湿が必要です。


冬の肌ストレスは外気や暖房によるものですが、夏の肌が乾燥する原因には日焼け、クーラー、過剰な汗の拭き取りなどが挙げられます。


この記事ではその原因とケア方法をお伝えします。



夏の肌が乾燥する原因 その1:紫外線

照りつける太陽とアスファルトから反射する紫外線、強い日差しは帽子や日傘をしても避けることが出来ません。

日焼けをして赤くなった肌は太陽の光でじりじりと焼かれ軽く火傷をしている状態。次第に肌がかさつき、乾燥を引き起こします。


日焼けをした日のスキンケアは、赤みを押さえることが重要。

コットンパックで皮膚を冷やしたあとに、エムエー保湿クリームをしっかり塗って保湿することが大切です。


また、夏は髪をアップスタイルにする機会が多く、首の後ろがうっかり日焼けしてしまうことも。

首のうしろに赤みが出てしまった時はタオルでしっかり冷やしたあとに、エムエー保湿クリームを塗って皮膚を落ち着かせてください。それでも赤みが引かずヒリヒリ感のある場合は、すぐに受診してくださいね。



夏の肌が乾燥する原因 その2:クーラー

外出から帰宅した途端に大量に汗が出ると肌が潤っているように感じますが、クーラーの風が顔に当たることや、部屋の湿度が下がることにより、肌はどんどん乾燥していきます。


それでも汗が出て気持ちが悪いからしっかり拭き取ると皮膚が過剰に乾燥する原因に、そうなると皮膚自身が「自分で脂をださなければ」と勘違いして必要以上に皮脂が分泌され、べたつきにつながることも。


対策としては皮脂を取り過ぎないこと。

汗をかいたらゴシゴシ拭くのではなく、顔にティッシュを乗せて押さえる程度で大丈夫。表面の汗だけをふきとり、必要なうるおいはそのままにするよう心がけてください。


そして朝と夜の保湿ケアも忘れずにおこないましょう。


夏の肌が乾燥する原因 その3:.汗

夏の肌のいちばんの大敵は汗。大量に汗をかくと日焼け止めや肌のうるおいも一緒に流れてしまいます。また、夏になると顔がかゆくなるといったことはありませんか?それは汗とファンデーション、日焼け止めが混ざり合って酸化することが原因。肌にかゆみが生じストレスの元に。


放っておくと角質がたまり、ニキビ、ザラつき、化粧乗りが悪くなるなど、他のトラブルを引き起こすことも。


事前に防ぐためには、3日に一度の丁寧な洗顔をおすすめします。

肌のギトギト、ベタベタが気になる時は水だけの洗顔ではなく、酵素パウダーを使っておこないましょう。しっかり泡立て、泡を滑らせながら丁寧な洗顔をするとよいでしょう。


夏はどうしてもスキンケアをさぼりたくなる季節です。


お風呂はシャワーで済ませているのに、汗がダラダラ。そんな状態で化粧水やクリームを塗ってもすぐに流れてしまうし、なんとなくしっとりしているから、なにもやらなくても大丈夫。保湿クリームなんてもってのほか、肌にベタベタが残るからつける気にならない。


頭ではちゃんとケアをしなきゃと思っているけれど、なんだかんださぼってしまう。

そんな人にこそ、エムエー美容保湿クリームがおすすめです。


エムエー保湿クリームの原料のひとつである馬油はヒトの肌の成分と似ているため浸透しやすいのが特徴。そのためすぐに皮膚に馴染み、肌がサラッとします。


塗り方のポイントはエムエー美容保湿クリームを均一に塗るのではなく、べたつきやすいおでこと鼻のTゾーンには薄く塗り、乾燥を感じやすい頬とアゴのUゾーンはしっかりめに塗ること。

こうすることで肌のべたつきやかさつきに困ることがなくなります。



夏も大活躍のエムエー美容保湿クリーム。

部分ごとに塗る量を変化させながら使ってみてくださいね。