馬油でアトピーが悪化!?アトピーへの馬油の効果について


何度もぶり返してしまうアトピー肌。


「このままずっと完治できないのだろうか…悪化をしないように頑張って生きて行くしかないのか?」

そんなお悩みはありませんか?

ステロイド剤などを使用しても、繰り返すアトピーでお悩みの方にぜひ知っていただきたい、馬油のアトピーへの効果や使い方をご紹介していきます。


■アトピーへの馬油の効果について

アトピー性皮膚炎は、乾燥によって皮膚のバリア機能が低下した状態です。

炎症を起こしやすくなっている皮膚に、汗やほこり・摩擦などの刺激が加わって辛い痒みや炎症を引き起こします。

そんなデリケートな状態のお肌にこそ、馬油が最適なのです。



・お肌のバリア機能をサポート

馬油は人間の皮脂にもっとも構造が近く、肌馴染みがとても良いです。

保湿をしながら油脂で刺激からお肌を守る、バリア機能を発揮してくれます。


・抗炎症作用がある

アトピーによる皮膚の炎症やかゆみを抑える効果が期待できます。


・セラミドをサポートする

アトピー肌の方は健康なお肌に比べるとセラミドがもともと少ない、または炎症によって失われやすいことが報告されています。

セラミドはお肌の細胞と細胞の間を水分で潤して埋めるような働きをしているため、セラミドが不足することで皮膚バリアが弱くなると同時に、細胞内の水分が失われ皮膚は乾燥しやすくなってしまいます。

馬油には馬セラミドが含まれているため、人の皮膚系のセラミドに近い働きをして、健やかなお肌作りに役立ちます。



■馬油でアトピーが悪化!?肌荒れすることってあるの?

馬油はアトピーへの効果が高く期待できる天然の美容オイルですが、「馬油でアトピーが悪化してしまった」といった声も見受けられます。

馬油でアトピーが悪化してしまう原因と対策についてご紹介して行きますね。


◇使用する量が多すぎる

馬油を過剰に塗ってしまうと、過剰皮脂と同じ状態になってしまいアクネ菌の繁殖や肌の常在菌バランスを乱してしまう原因になります。


◇成分無調整の馬油を使用していない

馬油のタイプには、添加物を加えて性質を変えてしまったものと、100%成分無調整の馬油があります。


炎症部の悪化を防ぐには、成分無調整の馬油を使用しましょう。

エムエー美容クリームは、熊本県の馬肉から希少な部位を使用した成分無調整の馬油です。

ここにさらに保湿・美容オイルとして有名なミツロウを加えました。

素材はシンプルに高品質の馬油×ミツロウのみ。


敏感なお肌にも、赤ちゃん~大人まで、安心して全身の肌ケアに使っていただけます。


■アトピーへの馬油の使い方

洗顔後・お風呂上りのお肌に米粒2粒大の馬油を薄くのばすように塗ってください。

化粧水などの他の基礎化粧品は馬油がしっかりとお肌に吸収されてから行いましょう。

馬油がブースター効果を発揮するので、次の保湿成分の浸透が良くなりますよ。




エムエー美容保湿クリームで乾燥知らず健康な肌へ