馬油の切り傷へ効果は?赤ちゃんにも使えるってホント?


馬油は、人間の皮脂と性質がとても近く、古くから肌荒れやひび・あかぎれ・火傷や切り傷の民間治療薬として用いられてきました。

この記事では、馬油が切り傷に効果的と言われる理由や、べたつきが気になる方へのおすすめの商品。

そしてお問合せも多い、「赤ちゃんの切り傷にも馬油が使えるのか」についてもご紹介して参ります。


■馬油が切り傷に効果的と言われる理由

転んでしまった時など、痛い切り傷に馬油をお役立てください。

まずは傷口を洗い、馬油を塗ってから絆創膏やガーゼで保護するだけで、出血も少なくなり、治りが早くなります。

なぜ切り傷に馬油なのかというと、馬油には殺菌作用があります。

皮膚に入り込んだ細菌を油のなかに閉じ込めて、細菌の繁殖を防ぎ、化膿を食い止めてくれます。

さらに、人間の皮脂に性質の近い馬油だからこそ、すっとお肌に馴染み、空気との接触など外部からの刺激により痛みを遮断。